Top / 2012 / 12 / 23〜25八ヶ岳
/23〜25八ヶ岳

12月月例山行 八ヶ岳 大同心稜 2012/12/22〜2012/12/25

名称未設定 1.jpg
 12月22日〜23日 晴れ

高松発21:40→さぬき三木IC→諏訪南IC→5:30美濃戸(車中仮眠)7:10→ 10:00赤岳鉱泉(テント設営)11:00→11:30大同心沢→12:30ジョウゴ沢(F2)アイスクライミング14:30→15:00赤岳鉱泉

クリスマス寒波報道を心配しながら集合。共同装備を分配の後、さぬき三木ICより途中休憩を取りながら一路諏訪南ICに向かう。美濃戸口手前より道路わきに残雪を認めたが道路上には積雪はなかった。美濃戸口奥に架かる橋はいつも凍結しており注意して通過し美濃戸の駐車場に到着。駐車場はほとんど満杯状態であったため誘導員に従い道路わきに駐車、仮眠をとり軽く朝食の後、北沢経由で赤岳鉱泉に向け登山開始。堰堤広場まではほとんど積雪がなかったが、それから奥の登山道に20~30僂里れいな積雪をみた。 赤岳鉱泉でテント設営を申し込み(1000円/1人/1日)6人用テントをアイスキャンデーかぶり付きの位置に設営する。ここでも軽い昼食を摂り、明日の入山口の確認を兼ねて大同心沢下部に赴き、赤テープで目印をつける。その後、ジョウゴ沢を遡上。F1をまいて適当な高さのF2をアイスクライミング場所と決め、S氏がアイススクリューを中間支点においたリードクライミングを行いトップロープを構築、Ki氏、Kが登攀する。沢の上部より流れ落ちる寒気で鼻水を垂らしながらのアイスクライミングとなった。睡眠不足もあり早々に撤退しK女史Ki氏による大変おいしい水炊きをたらふく食べ6時には就寝した。

 12月24日 曇りのち晴れ

起床4:30赤岳鉱泉7:15→8:50大同心基部→13:45横岳→15:45地蔵尾根分岐→16:30行者小屋→17:10赤岳鉱泉

4時半起床の後朝食を済ませる。外気温は−20℃であったが心配していた風はほとんどなく大同心稜を詰め横岳、赤岳を通り文三郎尾根を下山経路として男性3名で大同心沢に向かった。大同心沢から大同心稜に移りトレースを追って順調に高度を稼いだが、大同心稜途中でどういう訳か、突然とトレースが消えた。雪は締まっておりその後も問題なく大同心基部まで登高し、安定した場所でハーネス等を装着、ロープを出し氷と岩場の通過に備えた。最初の1ピッチで大同心の右をトラバースし、次の2.3ピッチは大同心と小同心の間の氷の付いた岩場をアイスバイル、ピッケルを駆使し登攀した。トップのS氏と後続のKi氏、K間で声による伝達が困難で、笛やロープの牽引による合図の徹底が要求された。高度を増すにつれ −30℃(体感温度)近くになり低体温症も心配されたがS氏K氏は慣れているのか鼻水を垂らしているだけだった。4ピッチ後、雪面を斜上し横岳の北の稜線上に出た。登攀ルート選択に慎重になったためか稜線にたどり着くまでに時間を要したため赤岳〜文三郎ルートを断念し地蔵尾根ルートにエスケープルートを求めた。ちょうど日没に近い時間でもあったためか中岳と阿弥陀岳の間にサンピラー現象が見られた。地蔵尾根を注意深く下り、行者小屋近くで右手に月光に照らしだされた大同心、小同心を見ながらテントサイトに急いだ。 K女史が遅くなった我々を凍えるテント場で心配し待っていてくれたが、遅れた夕食を共にする頃には皆笑顔となり、焼き方を工夫したお好み焼きを頬張った。8時頃には皆横になり入眠した。

  12月25日 晴れ

赤岳鉱泉8:10→10:10美濃戸口→もみの湯→ 諏訪南IC→津田の松原SA→さぬき三木IC→ 20:10高松

6時起床、食事を済ませテント撤収、8:10赤岳鉱泉を後にした。途中氷結した路面を滑りながら10:10美濃戸口に到着。もみの湯で汗を流し、昼食を諏訪南IC近くのレストランで済ませ休憩をはさみながら高速で高松へ。S氏宅で共同装備を確認し解散した。

CIMG0808.jpgCIMG0825.jpg
 
名称未設定 2.jpg名称未設定 3.jpg
 

(S.K 記)