Top / 20120504個人山行八ヶ岳赤岳西壁南峰リッジ左稜
20120504個人山行八ヶ岳赤岳西壁南峰リッジ左稜

- 八ヶ岳赤岳西壁南峰リッジ左稜 2012/5/4〜5

5月4日

5/3 4:00美濃戸口駐車場―9:45美濃戸口登山口―13:10行者小屋

今回の個人山行は鹿島槍ヶ岳東尾根の予定だったが、北アルプスは悪天候が予想されため急遽八ヶ岳赤岳西壁主稜を目指すことにした。 5/3 20:00 高松中央ICを出発した。GWだったが特に渋滞することなく、5/4 4:00頃美濃戸口駐車場(1日1台1000円)に到着することができた。6:00まで車中で仮眠をとることにした。6:00に目を覚ましたが雨が降っていたので、やむまでしばらく待つことにした。9:00頃には雨がやんだので装備を整えることにした。ザックは18kg〜20kgほどになった。 9:45 気温15℃ 美濃戸口を行者小屋に向けて出発した。途中雨が降ってヤッケを着ることもあったが、日が差すと蒸し暑くシャツ一枚になることもあった。13:00行者小屋に到着した。テント設営(1泊1人1000円)後、ビールで乾杯。16:30夕食を作り始める。メニューはハンバーグ、五目御飯、しじみの味噌汁。18:50には就寝した。

名称未設定 5.jpg
 

5月5日

6:00行者小屋―7:00文三郎道―7:30稜線―8:30南峰リッジ取付き―9:001P目―9:452P目―10:303P目―11:004P目―11:18赤岳山頂―11:42赤岳山頂小屋―13:00赤岳天望荘―13:45行者小屋―17:10美濃戸駐車場

4:00 起床。朝食のメニューはサッポロ一番味噌ラーメン、ハム、薄切り餅、コーヒー。6:00 装備を整えテント場を出発した。気温は2℃くらいで雪面は凍って歩きやすい。山頂はガスっていた。落石の多いルンゼを40分ほど登り左にトラバースして、7:00 文三郎道に入る。7:30 稜線に出た。稜線はガスが晴れて、気温0℃、風速10mほどだった。風が強いのでヤッケのフードを被り、稜線の少し下った所で登攀の装備を整える。トラバースして赤岳主稜取付きに向かう。70mほどトラバースして尾根に取付く。8:30 この尾根が主稜なのかしばらく悩む。尾根にはしっかりした踏み跡があり、ルートであることは間違いないようだ。後で分かったが、ここは赤岳南峰リッジ左稜であった。もう少し左にトラバースして下ったところが赤岳主稜だった。

名称未設定 3.jpg
 
名称未設定 2.jpg名称未設定 1.jpg
 

9:00 1P目、私のリードで登攀を開始した。岩稜と雪のミックスを、ピッケルを使いながら登っていく。途中はハイマツやピナクルでランニングを5〜6ヶ所取った。5mほどの大きな岩の前で1P目を切った。 9:45 2P目、目の前のチムニーを苦労しながら登って行く。10:15私がセカンドでチムニーを登り始めた。ここに来て、岩の表面が硬い氷になってアイゼンもピッケルも歯が立たない。無理に叩くと氷が剥がれ落ちる。しばらく見回して左のクラックを使うことにした。左手をクラックに入れて拳を握りジャミング。右足を上げて突っ張り体を左の壁に押し付ける。チムニー登りで突破した。ここが核心であった。 10:30 3P目、私のリード。見上げると山頂小屋が見える。天気は快晴、岩と雪のミックスを気持ちよく登っていく。 11:00 4P目、傾斜はゆるくなった。11:18セカンドの私が頂上に抜けて登攀終了。赤岳山頂小屋に移動し、小屋でココア(400円)を飲みながら今後の行動について相談した。翌日天気が崩れるようなので今日中に下山することに決定した。

 

13:00 赤岳天望荘経由で地蔵尾根を下っていった。地蔵尾根は急斜面で雪が腐っていたので少し怖かった。13:45 行者小屋に到着してすぐにテントを撤収した。3人で大同心小同心をバックに写真を撮り、美濃戸の駐車場に向かい下山した。 17:10 美濃戸の駐車場に到着した。その後、金沢温泉金鶏の湯(400円)に入り、向かいの蕎麦屋で蕎麦を食べた。天ざる蕎麦(1200円)がちょっと高いがおすすめ。19:30 帰路についた。途中少し渋滞したが8時間後の5/6(日)3:30頃高松中央ICに到着することができた。 感想 赤岳西壁主稜の予定が誤って赤岳南峰リッジ左稜のルートに取付いてしまった。稜線からは、60m以上トラバースして、はっきりした踏み跡があったのでルートに違いないと思ってしまったからである。後で調べて分かったが、南峰リッジにも3つのルートがあり、主稜が大渋滞した時や他のルートを登り時間が余った時などに登ることがあるようだ。 今回登ったルートにあった人工物はハーケン2本だけであった。ランニングやアンカーはピナクルで取ることが多かったので長め(120cm以上)のスリングを数本持っていた方がよいと思う。雪の多いときはスノーピケットが必要になると思う。

(Y.T 記)