Top / 2013 / 01 / 27伊予富士
/27伊予富士

伊予富士 2013/1/27

2013年1月27日(日) 晴天〜雪

参加者:12名

円座7:10→高松西IC→伊予三島SA→伊予西条IC→旧寒風山トンネル南口駐車場→桑瀬峠10:40→伊予富士山頂12:30→駐車場15:00→円座18:00

地図.jpg

2台の車に分乗して、円座を出発。高速上からの赤石山系上空はやや曇りであったが、雪山が近づくにつれ、自分自身気分が高揚していくのを感じた。伊予西条IC下車後、御用達のコンビニで行動食用の爆弾おにぎりを購入。(一部の会員の間で人気沸騰中)。   旧寒風山トンネル南口の駐車場はほぼ満車状態。それぞれ装備を整えて、いざクライムオン!最近の山の会の山行にしては珍しく?長い隊列であった。桑瀬峠まではいきなりの急登、人数も多く雪上歩行に不慣れな方もいたため、ややゆっくりとしたペースで高度を刻んでいく。道中、別の登山者と一緒に登っていた犬が、我々の集団のあとをつかず離れずついて登ってくる様子に癒される(その後、彼らは寒風山へと向かった)。小休止の際には、汗を拭きとらなければいけないほどいい天気であった。樹林帯を抜けトラバース気味に登る道の右側斜面に、シリセードで滑り降りた跡が残っていた。なかなか勇気のいる角度であった。ほどなく、冠山、寒風山が前方に姿を現す。1時間ほどで桑瀬峠に到着。峠の稜線に出てもほとんど風はなく、遠くに望む伊予富士の山頂を確認した。

DSCN9163.jpgDSCN9166.jpg

桑瀬峠での小休止の後、山頂を目指す。高度が上がるにつれ霧氷の森が出現し、右眼下に西条市内、振り返れば寒風山、雲から顔を出した笹ヶ峰〜平家平の稜線、遠く赤石山系を望む事ができ、何度も振り返りながら山座同定を繰り返し、シャッターを押した。  支尾根を過ぎると、前方に伊予富士が姿を現した。富士の名を冠した堂々とした山容であり、近づくにつれ圧倒されそうな感覚に陥る。山頂直下の鞍部での休憩時に、それぞれの目的に応じてアイゼンを装着した。ここから山頂まではひたすら急登。見上げると、山頂から湧き出した上空を流れる雲の流れがはやく、まるで、我々に覆いかぶさってくるような勢いであった。登山道のところどころに氷の塊が顔を出していたため、見上げてばかりもいられず、足元にも注意を払った。高度感のある細い1本道のため、山頂では我々の登頂を待ってから降りようとしているパーティーもいた。高い所が苦手な私は、最後尾を歩いていたためやや気が焦ったが、アイゼンもピッケルも装備していなかったため、さらに慎重に高度を稼いだ。

DSCN9169.jpgDSCN9173.jpg

12:20頃、無事全員登頂した(私のスマートフォンによると、出発から登頂まで休憩を含めて3時間、約3.5kmの行程であった)。山頂は狭く周囲が削がれているため、なかなかの高度感があり眺望は最高であった。西には、歩いてきた縦走路や遠く大座礼山、東には瓶が森も望むことができた(残念ながら石鎚山は雲の中でかすかに見える程度であった)。山頂には、我々の他に入れ換わるようにして下山したパーティーを含め、3組のグループが同様に絶景を楽しんでいた。やや風が出ていたものの、我々もそれぞれ写真撮影にいそしんだり、軽食を摂ったりした。

DSCN9178.jpgDSCN9179.jpg

下山は全員アイゼンを装着して慎重に下りていった。桑瀬峠まで下りると、ワカン訓練の他にツェルトの使い方を教えていただいた。1枚の薄い生地でも風雨を遮ることができ快適であった。いざという時のために、各自携帯したいものである。各自ワカンを装着して雪上歩行の練習をしていると、快晴だった空がにわかに曇り出し、あっという間に雪が舞ってきた。長居は無用と言うことで、一気に下山した。 久しぶりの山の会での山行であったが、天候にも恵まれ雪山を満喫し、山歩きを楽しむことができた。1人で登るのもいいが、大勢で登る楽しさも再確認できた。

DSCN9180.jpgDSCN9187.jpg
 
DSCN9197.jpg伊予富士登りパノラマ.jpg

(A.H 記)