Top / 2013 / 02 / 10西赤石山
/10西赤石山

西赤石山 2013/2/11

2013年2月11日(月)(雪・ガス・晴れ)

参加者:6名

 8:40日浦登山口駐車場‐9:25ダイアモンド水―10:35銅山越―12:55〜13:15西赤石山(アイゼン着)―14:45銅山越‐15:05歓喜抗下部(アイゼン脱)―16:15日浦駐車場 (登り4:15 下り3:00)

明るくなる頃、雨に降られ山の天気を気遣う。三島・川之江ICで高速を降り金砂湖経由で1時間かけて日浦駐車場に着くと、気温は2度、粉雪が舞っているが風はない。 8時40分頃出発して、5分くらい登ると登山道にも積雪が現れその下はカチカチに凍っている。粉雪はだんだん激しくなり、ダイアモンド水で雨具を着ける。旧別子銅山の史跡を見たりドードーと清水の流れる足谷川の渓谷を何度も渡って、銅山越に着くと雪は静かに降り周りは白くガスっている。 西赤石への尾根道は思いのほか風がおだやかで、雪も止んできた。樹林帯で40〜50cmの積雪、北斜面の樹には霧氷がつき美しい。ピークとなだらかな尾根道をいくつも越え、上部には岩場登りも数箇所・・・登るに従い、山裾の東平(とうなる)や新居浜の街、別子ダムなど見晴らしがきいてくる。13時前やっと山頂に着く頃には青空が広がり弱い陽射しに暖かさを感じる。途中私たちを軽々と抜いて行った、高松のご夫婦はすでに温かい食事を終える頃で、カメラのシャッターをお願いした。

b0124306_21414759.jpgb0124306_2243043.jpg

私たちは行動食や写真など思い思いに終わらせ、全員練習のためアイゼンを着けて下りにかかる。雪のない石ころ道や岩場は、足首を傷めないように足の置き場など気をつけて下る。前方に広がる景色を楽しみながら東山付近まで来ると、西赤石から下ってきた尾根道や谷向こうの三森山、平家平など山並みの遠望もきいてくる。青空もさらに広がって西に傾きはじめた太陽が輝く。17時半頃三島・川之江ICで高速に乗り、美しい夕日に送られて帰る。

SN 記

添付ファイル: fileb0124306_21414759.jpg 123件 [詳細] fileb0124306_2243043.jpg 118件 [詳細] fileIMG_3823.JPG 57件 [詳細]