Top / 2013 / 12 / 28〜30瑞牆山、茅が岳、大菩薩嶺
/28〜30瑞牆山、茅が岳、大菩薩嶺

12月月例山行 瑞牆山、茅ヶ岳、大菩薩嶺 2013/12/28〜30

参加者 4名

25.12.28 快晴

一日目 瑞牆山(みずがきやま)標高 2,230m

b0124306_203169.jpg

早朝 7時頃に瑞牆山の登山口に到着 車の中で 仮眠を取り 遅めの 10時に登山開始。約50分ほどで富士見平のテント場へ到着。そこでテントを設営。12時過ぎに頂上へ向かって出発です。 頑張って登って行きますが、みんな寝不足の為、スローペースです。トレースがあるので、道に迷う事はありません。アップダウンを繰り返しながら 先に進み、途中から段々大きな岩場になり、 岩の隙間を潜ったり、登ったりアスレチックのように大きな段差を乗り越えて行きますが、中々頂上にたどり着きません。 その後、やっと、14時40分に瑞牆山の頂上 2,230mに到着。2時間40分も掛かりました。目の前には 金峰山や八ヶ岳、富士山、南アルプスもよく見えています。 のんびりする間もなく15時前に下山開始。どんどん下り、16時40分 富士見平のテント場に無事到着。

b0124306_2057371.jpgb0124306_20583951.jpg

25.12.29 快晴

二日目 茅ヶ岳(かやがたけ)標高 1,704 m

b0124306_19233651_0.jpg

朝、−17度。富士見平のテント場から下山。 無事に車へ戻り、茅ヶ岳の登山口がある深田久弥公園へ移動。 さあ茅ヶ岳の登山の始まりです。深田久弥公園から沢コースを歩いて行きます。 約1時間30分、林道をほぼ真っ直ぐ歩きそのまま沢道に入り、女岩がある場所から今度は右側の急な斜面を這い上がります。 いきなり岩ゴロゴロの急斜面です。よいこらしょとジグザグに頑張って登って行きます。 今日も青空が出てとても綺麗です。気分良く歩いて程なくして尾根に到着。そこからさらに少し登ると、深田久弥の碑がありました。 ここが『日本百名山』の深田久弥が好物のアンパンを持って、登山中に脳卒中で亡くなった終えんの地です。 金峰山・瑞垣山がよく見える場所にあり振り向くと富士山もとても綺麗に見えていました。 そこからさらに急な岩場の尾根が続きますが、頑張って登り約2時間20分で茅ヶ岳(かやがたけ)1,704 m 頂上到着。 富士山・奥秩父の主脈や、甲斐駒ヶ岳や鳳凰三山などの南アルプスの山々が展望できる展望抜群の山で最高の天気にも恵まれ360度のパノラマ。素晴らしい景色を堪能して来ました。 帰りは、尾根コースを選び下りて行きましたが、途中からはドロンコズルズル状態でとても滑りやすかったです。

b0124306_2113305.jpg

25.12.30 快晴

三日目 大菩薩嶺(だいぼさつれい)標高 2,057 m

  ロッヂ長兵衛のすぐ右横側から登り始め、まず大菩薩峠から左周りに大菩薩嶺へ登って行きましたが、逆コースの唐松尾根道からの方が早く楽に行けたようです。 大菩薩峠から大菩薩嶺への稜線が富士山、南アルプス、乗鞍岳、八ヶ岳、奥秩父の山々などの展望が非常にいい場所です。 特に雷岩からの景色が一番のビユースポットでした。

今回、三日間とも晴天に恵まれて、どの山もお手軽で展望が良く、そして何と言ってもやはり絵になる富士山がいつも間近に綺麗によく見えていて、大満足の山旅でした。

b0124306_10205197.jpgb0124306_10533375.jpg
 

(N.O 記)