Top / 2014 / 1 / 13石鎚山
/13石鎚山

01月月例山行 石鎚山 2014/01/13 雪

軌跡.jpg

1月13日 曇り

参加者 9名

ロープーウェイ駅 8:40 → 成就社 9:05 → 前社ヶ森 10:35 → 二の鎖 11:45 → 石鎚山 12:30 → 前社ヶ森 14:05 → 成就社 15:25 → ロープーウェイ駅 15:45

朝、靄っているような空気は、ロープーウェイ駅より成就社に向かう途中で澄んできたが、遠くはボーッとしていて、遠望は利かない。空は曇っていて、陽は差してこない。成就社の温度計は-6℃、石鎚山の頂上には雲が纏わりついている。登山道にはっきりしたトレースが続いていて、この週末に襲来した寒波による積雪はなかったようだ。ただし、上部の様子がわからないので、登山行動は13時迄とし、それ以降は、下山する予定にした。 八丁坂を下り、石鎚山の登りにかかる。トレースははっきりしていて、クランポンを着けなくても楽に歩いて行ける。前社ヶ森で大休止。食事を摂る。 前社ヶ森を過ぎると、枝に霧氷と雪が纏わりついた白いブナの木々の中を歩いて行く。時々、シーンと静まりかえった木々の上から白い雪が落ちてくる。夜明峠では風に乗ったガスが斜面を通り抜け、白い雪原に立つ白く縁取られた黒い木々を見え隠れさせ、水墨画のような風景を見させてくれる。しかし、頂上部分は依然としてガスに覆われて見えない。そのガスの中から下山者が十人程度現れた。休日となると積雪期でも多くの登山者が入山している。

DSCN0034.jpgDSCN0036.jpg
 

雪面を登り、雪を纏った木々の間を抜け、ガスの中から現れた二の鎖の鳥居は、半分以上雪に埋まっていた。貫の部分がもう少しで雪に埋もれそうだ。二の鎖を過ぎ、巻道を登り出すと、ガスの中に入ってしまい、周囲は白一色の世界になった。 巻道の鉄製階段には手摺を超える積雪があり、その上にトレースが続いている。雪に埋もれてしまったものもあるようだ。例年の積雪量より多い気がした。しゃがんで歩いたり、跨いだりするが、ザックに着けているピッケルが斜面から張り出している灌木の枝に引っかかって歩きにくい。しかし、ステップは雪面にはっきりと切ってあるので、斜面をトラバースしたり、急登したりするが、歩きやすい。斜面が緩み、トラバース道が続くと、頂上小屋の石積みが見えてきた。 頂上は微風、ガス。天狗岳も見えず、周囲の展望を得ることはできなかったが、風がほとんどないので、小屋の外でも比較的暖かく感じた。時たま、空が明るくなったりするが、晴れそうにはない。冬季小屋の内、外で食事、休憩。全員で写真を写した後、下山する。折角持ってきたクランポンやピッケルを使用して下山する。 夜明峠まで降りてくると、頂上に纏わり付いている雲の下に出たようで、流れるガスの間から青空が時折見えてきた。前社ヶ森で休憩した後、時折、陽が差してきた道を快調に、成就社まで下った。

DSCN0039.jpgDSCN0040.jpg
 
DSC_0462.jpgDSCN0051.jpg
 

(S.H 記)

添付ファイル: fileDSCN0051.jpg 134件 [詳細] fileDSC_0462.jpg 130件 [詳細] fileDSCN0040.jpg 135件 [詳細] fileDSCN0039.jpg 118件 [詳細] fileDSCN0036.jpg 124件 [詳細] fileDSCN0034.jpg 128件 [詳細] file軌跡.jpg 135件 [詳細]