Top / 2014 / 3 / 21〜23大崩山、行縢山
/21〜23大崩山、行縢山

03月月例山行 高丸山〜雲早山 2014/03/21〜23

月例山行の大崩山、行縢山(むかばきやま)プラス雲仙岳(普賢・国見・妙見岳)に行きました。(三日連休をフルに遊ぶには、2山ではもったいない。) 20日八幡浜発(0:20)別府行のフェリーに乗船。   21日4時半に下船。(平時は5時まで)大分道・湯布院を過ぎると路側に雪、日田付近からは雪が降り、またたく間に積もり始めた。鳥栖JCT付近から雨。長崎道・川登SAで朝食。雨も上がり、薄日が指す。諫早で下り、雲仙岳を望むと雲の中。R57を雲仙温泉へ、仁田峠・ロープの駅への道は積雪で通行止め。

雲仙岳登山

b0124306_170357_0.jpg

二合目駐車場より歩く。(9:48)30分ほどで、仁田峠・ロープ駅。妙見への途中から激しい雪になり、雨具を着る。展望所に寄るが雪雲で遠景はない。時折、雲の切れ間に景色を見る。国見岳(山頂12:03)への急坂を往復し、国見別れより鬼人谷へ急下降。風穴群を見ながら、鳩穴の別れへ。(空は晴れる)これより急登。新普賢岳の荒々しい山肌を横に見、立岩の峰より登高は緩やかになり、やがて、普賢岳に着く。(14:00)新普賢岳のドームを見て火山の力強さを感じる。急下降して、紅葉茶屋を経てロープ駅・仁田峠へ緩やかな下り。車へ帰り、(15:48)国道から新普賢岳を一望し、ニュースを思い出して目をやる。島原外港より(17:40)高速フェリーで熊本へ、夕食を摂り、ナビに導かれ高千穂へ。 22日 R218を延岡に向かう途中に行縢山の標識を見て、下見に寄る。行縢神社から祝子川(ほおりかわ)へ林道があり、祝子川温泉を経て登山口へ。(8:10)道端に多くの車有り。道の駅より予想以上に時間がかかった。

IMG_0036.jpg
 

大崩山登山

b0124306_2333759.jpg

登山届を書き(8:20)山道へ入る。暫く進むと迂回道に入り、(まだ踏み固まってない)旧道が増水で危険なのだろう。小屋を過ぎ、まだ、迂回道は続き岩場に張られたロープをたどり、やがて、河原に降りた。(9:18)橋が無い。渡渉すべく、三人三様に渡渉点を探し、濡れた岩を選んだ私は滑って水の中へ。全身が濡れる。上着を着替え、雨具を着る。幸い、無風なので寒さは感じない。沢に沿った道は荒れ、テープを見つけるのに時間を費やした。山腹になると雪が現れトレースがある。ハシゴやロープの急登が続く、袖ダキ・展望所(11:10~11:34)の岩場で昼食。下和久・のぞき岩(仮称)(12:35)、中和久をトラバース、やがて、ロープを伝って急下降。なおも下って、上和久の根元の道に出て、上和久へ登る。(13:30)岩場で遊ぶ二人を見ながら、時間を気にする。リンドウの丘への分岐で二人を見送り、(13:55)リンドウの丘へ向かう、日陰の山腹は雪や氷が混じり気遣う。リンドウの丘、(14:09)坊主尾根に出て、小積ダキの頭で彼等を待つ、(14:40~16:10)3時半を過ぎても来ない。コールしても返事がない。4時頃になり声が聞こえ、合流。坊主尾根を下る。(16:20)ロープ、ハシゴ、ワイヤー等で岩場を連続に下る。運悪く、両靴のソールが剥がれ、紐で巻き補修しながら、ひたすら下る。日没までに谷を渡り、対岸に出なければ渡渉困難かも?。幸い、渡河の時は薄闇。(18:19)やがて、ランプを点け、登山口に着く。(18:54)祝子川 温泉で入浴。今夜のネグラを求め、食料を求め下る。バイパス角のコンビニで駐車場の隅にテントを張らせて貰えた。 23日 少し遅めに立つ。R218に出て、行縢山の標識に従い神社へ。(8:06)

DSC00913.jpgDSC00934.jpg

行縢山登山

広く立派な登山道を進む。コンビニの店主が言うように、ここは市民の山。小学生から学校行事で登っているとか、滝見橋より滝を望み、(8:53)右に大岩壁を仰ぐ。少し進んで行縢の滝に寄る。(9:12~9:30)日本の滝百選に選ばれているだけに素晴らしい眺めだ。急登を詰め峠に、(9:56)(雌岳の分岐を見逃した。)雄岳(行縢山)を先に行く。多くの登山者に出会う。山頂、(10:46)気温は上がり暑い。峠を下り分岐へ、(12:02)雌岳へは急登で始まる。尾根に出て、滝のビューポイント、(12:29)岩場を通過して、鈍頂の山頂に達する。(13:08)ゆっくりと下り、車へ帰り、(15:20)R326・502を経て、臼杵発(18:30)のフェリーで四国地へ、帰高する。

IMG_0055.jpg

(H.N 記)