Top / 2014 / 5 / 3〜5剱岳、立山
/3〜5剱岳、立山

- 5月月例山行 2014/5/2〜5

剱岳  参加者 5名

5月2日 (金) 移動 晴

  この日は高松最高27℃、暑くてみんな薄着で高松19時発。北陸道に入りSAでトイレ休憩をするとなんと14℃(気温が下がるとは聞いていたが寒い・・・ジャケットはザックの底、がまんがまん)、立山ケーブル駐車場にAM2時過ぎ到着後しばしの仮眠。

5月3日(土) 立山ケーブル駅から室堂・雷鳥沢・別山乗越経由剱沢テント場へ 晴のち雨あられ強風のち晴れるも強風

室堂8:05→雷鳥沢9:00→別山乗越11:30→剱沢テント場12:30

朝4時起きし、6時発に乗るため5時にチケット売り場へ(GWで早くも大勢並んでる)。6:20発。バスの臨時便もあり、白く輝く大日・立山連山・雪の大谷を通過し室堂へ。 8時過ぎ室堂発、(快晴で雲一つない白銀の世界、ビューティフル) クランポンは付けずに壷足もあまりない、快調に進む。雷鳥沢テント場はコンビニが営業できるくらい花盛りだった。ここから別山乗越への登りが始まり、高山病の症状が出るところだがみんな快調だ。別山乗越手前はナイフリッジの稜線を進む、(帰りこの稜線が問題に・・・※1) 小屋を通過し少し下ったところで休憩。(明日登る剱岳が神々しく輝いている・・・やったるでー) 下り出してすぐに12時半剱沢テント場に到着。これから3張のテント設営だ(積雪5mで地下トイレのそばに張るが、天候が怪しくなってきた・・12〜15時頃雨の予報)、急いでテント設営終了後、山から強風と雨あられが吹いてきた、何にもやれないので持ってきた黒霧島でしばし宴会に、(盛り上がるも雨風はなかなかやまない) 明日は3時起き5時発なので17時夕食後早めに睡眠。ところがこの後風向きが変わり、ブロックのない谷側から風速20m強の風が吹き荒れ、テントがたわみ飛ばされるかと思うほど吹き荒れた。(オーバーではなく、テントの高さが夜中たびたび50僂泙任燭錣瀉側端の私は目の前まで迫った・・・あくる日見るとポールが折れ、フライを15冂破っていた)

名称未設定 10.jpg
 

5月4日(日) 剱岳登攀 快晴

 

剱沢テント場5:10→一服剱6:20→前剱7:35→平蔵のコル8:40→剱岳山頂9:40→平蔵のコル11:00→前剱12:30→剱沢テント場15:35

AM 3時誰かのヘッドランプがともり起床、強風に耐え何とかみんな少し寝たようだ。今日はテント撤収もなく空荷での剱岳アタックだ。早々と朝食を済ませ外に出ると風は収まり快晴だ。(剱岳も青く染まり、天は我に味方せり) はやる気持ちを抑え出発、早朝のため雪は締まり快適だ。ほどなく剱山荘到着し小休止。 一服剱を乗越し前剱の登りにかかる、雪は程よい硬さで踏み跡もあり、ロープ無でよじ登る。(あまり怖くない、いけるで) アックスのピックを刺しながら勢いで強敵前剣を登りきった。(やりました、ちょっとうれしい) 平蔵のコルで休憩しながらカニのタテバイ・ヨコバイのルートを見る。ガイドブックにGWは夏下降ルートのヨコバイがイージーらしく、先行パーティもヨコバイ経由が多い。CLの判断でヨコバイ経由となった。(去年10月来た時も間違ってヨコバイ登り、リベンジならず)  岩場のルート上着雪は少なく、クランポンでの岩登りの実践と相成った。(嶽山での岩稜クランポン訓練が実った一瞬だ、どいや) 稜線は時折10mほどの風が吹くが、快適に山頂を目指す、展望も快晴のため360°見渡せ絶景だ。早月尾根との分岐を過ぎ天への緩やかな稜線をたどり、9:40グレイトサミッツ達成だ。(ついにやりました3002m雪の剱岳登頂・・・積雪3m???) 山頂は30名程の強者でごった返していた。しばしの休憩と食事をとり、興奮の覚めやらぬ中下山を開始。カニのヨコバイを慎重に下り、平蔵のコルを過ぎ、いよいよ今回最大の難所「前剱の急壁」の降下だ。下降地点には3組ほど下降準備をしており、我々も下降方法を検討し、50mロープ2本つなぎ、プルージックで下降、ラス前が数ヶ所スノーピケットをアンカーにし下降、ラストがビレーされて下降。並行して100m降下地点から1本おろし降下し、安全地帯に抜けた。(4組ほどが各々やり方でパラで下降したので渋滞がなく、時間がかかったが割とスムーズに下降できた) ここからは大きな危険個所もなく慎重に下り、15:35剱沢テント場に全員無事到着。(お疲れ様でした) その後10名全員山の会テントで反省会・親睦会を開き解散。(大いに盛り上がった) 明日から天気が下降気味なので、夕食後早々お休みだ。

名称未設定 12_0.jpeg名称未設定 13.jpg
 

5月4日(日) 剱岳夏道登攀 曇り強風

 

剱沢テント場5:10→別山乗越6:30→雷鳥沢8:10→室堂9:35→立山ケーブル11:30→スーパー銭湯12:30→高松24:00

この日も天候下り坂のためAM 3時起床、少し風が強い。早々テント撤収し、クランポンを利かせ一路別山乗越へ、ところがだんだん強風となり、飛ばされないよう踏ん張ることがしばしばで進まない。室堂方面から20m以上の強風・ガスで視界もない、危険で進めない。(※1の稜線を危険で通れない) ここで停滞泊かと思案していたところ、ガスが少し晴、室堂側の斜面が見えた。谷に下り斜めにトラバースすれば何とか行けそうだ。ストックをアックスに切り替え、ロープビレイなしで思い切って下ると、少し下ったところから風の影響が緩み、何とか雷鳥沢まで全員無事下れた。(一時はどうなるかと思ったが、なせば成るでした) 後は大勢の観光客と韓国語・中国語が飛び交う中、室堂に到着。(無事で良かった・・・) バスもあまり待たずに乗れ、一路登山口へ。

名称未設定 14.jpg
 

(N.I 記)

5月3日〜5月5日 立山 参加者 4名

b0124306_23325924.jpg

3日

3日の深夜2時頃立山駅着。仮眠をとり6時20分発のトロッコ列車に乗る。美女平からバスに乗り継ぎ室堂に7時半到着。 一の越山荘を目指して歩く。この時は風も無く晴天。9時頃 雄山に登りはじめる。強風が吹き始めた。10時半雄山頂上 ホワイトアウト 雄山〜剣御前小屋にいく予定だったが一度 室堂まで降り雷鳥平から剣御前小屋を目指す。室堂もホワイトアウト。コースタイム以上に時間がかかっている。剣御前小屋まで行くのも無理と判断。急遽雷鳥荘に変更。 夕方は晴れました。雷鳥荘には温泉もあり体も温まりゆっくり出来ました。

b0124306_2335270.jpg

4日 晴天〜曇り

今日はお天気も良く雷鳥平から剣御前小屋まで移動。多くの登山者、スキーヤーが歩いているおかげでとても歩きやすい。 9時過ぎ剣御前小屋到着 。 2人は11時発雄山を目指します。タイムオーバー大汝山で引き返してきました。

image2.jpegimage4_1.jpeg

5日

夜中から風も止まず山は大荒れ。 7時頃 小屋を出る。小屋前で剱岳組と合流。強風が吹き荒れる為、稜線に出るのは危険と判断し、雷鳥沢から下山。何事も無く無事下山しました。午前中には立山駅まで降り6日の深夜高松着。

(M.N 記)