Top / 2015 / 2 / 1剣山
/1剣山

2月月例山行 剣山 2015/02/1 晴れ

剣山

2015年2月1日

参加メンバー 7名

 まだ暗い中、円座を午前6時過ぎに2台の車に分乗して出発。 三頭トンネル経由で見の越に到着したのが、9時頃(記録を取って無かったので推測)。かなりの積雪でリフト駅の周辺は駐車場を含めすっかり深い雪に覆われていて、そばのトイレが使えなかった。それでも、既に駐車している車が数台あった。小雪がちらついて凍てつく中で登山準備を済ませ、登り始めたのが、9時15分頃。  神社の奥のトイレが使えたので、そこで用を足して行く。途中、リフトのケーブル下にある小さなトンネルは雪に埋もれていたので、その上を通って行く。「立入禁止」の看板を横目で見ながら歩いて過ぎた。

 登山者は少なかったが、トレースははっきりしていたので順調に標高を稼いでいった。 リフトの西島駅までの登山道で問題があったのは一か所だけ。急坂の短いトラバースで金属の手摺りを渡したところの登りの最後の部分で足をかける所が凍っていて難儀した。  西島で小休憩を取った頃(10時25分頃着)までは、まだ周辺の景色も見える状態だったが、山頂に近付くにつれ、風が強くなり雲が増えてほとんど眺望がきかなかった。  山頂到着は午前11時半頃だったが、猛烈な風が吹いて気温はマイナス9℃(私の温度計で)。とても昼食休憩を取れる状態ではなかったし、NG夫人が軽い低体温症状を見せていたので、全員アイゼンを装着して早々に下山開始。  下山途中で、登りの時にも見た雪に埋もれて屋根しか見えていない祠のある場所を通った時、無雪期にはここはどんな状態だったっけ?と考えながら、雪が解けたらまた来て確かめようと思った。何しろ、積雪期の剣山は初めてだったので、私にはもの珍しかった。  また、西島駅で小休憩を取った。会長が最近お気に入りのモンベルのスノーシューを取り出して装着して歩いてみると言う。なかなか具合が良さそうだったのだが、途中でアイゼンの後ろ側がスノーシューの後ろのカバー部分にひっかってしまい使えなくなった、らしい。どうやら、最高の製品、とは言えないようだ。

その後、順調に下山して登山口に着いたのが、午後13時20分頃。装備を解いて暖かい車内に収まり、慎重に運転してもらいながら見の越を後にした。

円座に帰着したのは、午後4時半頃だったろうか。比較的距離の短い山行だったせいか、 山頂は猛烈に寒かったけれど、私にとっては快適な雪山だった。歩くペースも、登りは遅すぎず、下りも速すぎることなく、翌日の今日も殆ど疲れが残っていない。

 本日の教訓:登山は、翌日に疲れを残さない歩き方をすることが大事である

                                  KN 記